しあわせを感じる感性を一緒に磨きませんか?


by ki__ko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

腰が抜けるほど飛び回ってた!?

2週にわたり、突然、記事の更新がストップしてしまいました。
ご存知の方もいらっしゃいますが
腰を痛めて身動きのとれない日々を送っておりました。

12月の初めに腰の違和感を覚えましたが
11か月と2歳半の2人の息子たちにガンガン振り回されながら
仕事にプライベートにととっても充実した毎日を過ごしていました。

でも、だんだん痛みが激しくなり、ついには
起き上がることはおろか、おばあさんのように曲がったままで
伝い歩きでなければ歩くこともできなくなりました。

これはイカン!

さっそく私にとっての最後の砦になっている鍼の先生の所へ駆け込みました。
この先生は、体に触れるとこちらが言いもしないのに
痛いところをピタリと当て、飄々と話をするので
私は密かに「仙人」だと思っています。

その仙人曰く「こんなに疲れ切った体をみたのは久しぶり!」
5日にわたって鍼治療と楽しくタメになるお話をして気力が充実!

しかし。

気力は充実し、痛みもなくなったものの、腰はまだ曲がったまま・・・
実家でお世話になりつつ治療していましたが
ウチに帰ってやらねばならぬことが山積。
すぐにでも帰って片付けねば・・・

そこで友人から整体の、腕のいい先生のうわさを聞いていたので今度はそこへ。

思っていたより若く、1歳の娘さんがいらっしゃるというイケメンの先生でしたが
診てもらって開口一番、
「疲れすぎ!」

・・・また言われちゃったよ

しかも、ぎっくり腰だと思っていたのが
「そんな生易しい状態ではなく、腰が抜けてるよ!」と。
思っていたより重症だったようです

でも鍼治療を受けていたおかげで
整体2日でウチに帰れるようにできるとのお言葉。

そのお言葉通り、ウチに帰り、山積したものをちょっとづつ片づけています。

まっすぐ立てるようになるには時間がかかるそうですが
不安定ながら何とか家事をこなせるようになってきました。

整体の先生には、「もっと自分を大切にね」と何度も言われました。
粗末にしていたつもりはなかったのですが、実際には粗末にしていたようです。

考えてみれば、産後半年で年子の息子を
あっちやこっちへ預けて飛び回り、
睡眠時間を削って勉強したり、仕事したり。
早起きをして離乳食の準備をしたり、夫のお弁当を作ったり。
休日には家族であっちやこっちへ行き・・・。

そりゃ~、疲れもたまるわな

今回、身動きとれない間にはいろんなことを考えました。
帰ってきてからは夫とたくさん話をしました。

体が、「ちょっと立ち止まって、じっくり物事を考えてごらん」と
時間をくれたのだと思います。
そのおかげでたくさんのことに気付きました。

このブログを読んでくださる皆さんをはじめ、
私の周りにいてくれるたくさんの人々に
いかにたくさんのしあわせをいただいていたことか!

あらためて言わせてください。

みなさん、いつもありがとうございます。
心から感謝申し上げます!

[PR]
by ki__ko | 2008-12-23 17:11 | 行動