しあわせを感じる感性を一緒に磨きませんか?


by ki__ko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ツバメの子

ドキドキしながらツバメの巣がちゃんとあるかどうか、確かめてきました。

ちゃんとありましたー!

しかも卵からかえったばかりのようなまだ毛が濡れている小さな頭が2つ見えました。
親鳥がエサを持って帰ってくるとひょこっと2つ見えるんです。
ピィピィというなんとも頼りなげな声が耳を澄ますと聞こえてきます。
2羽ではないような、もっとたくさんいるような声です。

思わずニヤニヤしてしまいました。
きっと、見ていたご近所さんがいたら
「あそこの奥さん、久しぶりに帰ってきたと思ったら
ちょっとオカシクなってるみたい」って思われたかも。。。

ずっと見ていたかったけれど、そうもいきません。
…また心配

祈るしかないですねー。
どのヒナも元気に育って、巣立ちの日を迎えてくれることを。

おチビ1号にも見せたんだけどまだよく分からないみたい。
ポカンと口をあけて、しばらく見ていましたけど。

小さな小さな命。
でも、私たちと同じように生きているんだなあって思うと
しみじみと見入ってしまいました。

無事に子育てが進んでいるようで安心しました。
しあわせな気持ちをツバメに分けてもらいました。
[PR]
by ki__ko | 2008-06-29 23:15 | こころ

祝!ツバメの巣☆

今、夫の仕事の都合で自宅をそのままにし、ちょっと離れた所で生活しています。
月に何度か部屋の空気を入れ替えたり、家周りの手入れに帰ります。

先日、帰った時のこと。
玄関にやけに鳥のフンがあるな~、と思ってふと上を見ると
ツバメの巣~~~☆

わ~い!!!ついに戻ってきたーーー!
3年、待ちましたーーー!


結婚した年、我が家の玄関先に初めてツバメが巣を作りました。
ワクワクしながら毎日見守っていました。
出入りする時もビックリさせないようにしたり、手前にあるさくらんぼの木の枝を
目隠しになるように切るのをやめたりと陰ながら(?)応援していました。

がー!!!ある時、その巣は何かに襲われた様子を残したままになってしまったんです。それから3年です。

ウチにあった巣が空になった3日後、お隣の玄関先に新しい巣が出来ていました。
3年間、たくさん育ったようでいつも賑やかでとても羨ましかったです。

先月帰った時も、とても賑やかなお隣の玄関先を羨ましいな~って思っていたので
先日の発見はめちゃくちゃ嬉しかったです♪

ただ。。。毎日見守ってやれないので心配
今週末も様子を見に帰ります。
ちゃんとあるかなあ。

ツバメの巣ができただけなのに、これからいいこといっぱいありそうで毎日ワクワクしていまーす。
ちょっとしあわせの感性が磨けたかな?

みなさん、何かいいことありました?
[PR]
by ki__ko | 2008-06-24 16:02 | こころ

しあわせのハードル

前回の記事にも書いた講座で、自分の「ハッピー」を付け加えて自己紹介をする時間がありました。
いろんなハッピーが発表されましたよ。
どれもみんながうなずく、誰もが感じるハッピー。
そしてどれもが聞いていて心がほんわかするものでしたよ。

ちなみに私は、小さなことにもハッピーを感じるので今までで「一番」のハッピーを発表いたしました。
それは…「素敵な夫にめぐり合え、かわいい子供たちに恵まれ、大切な家族ができたこと」です。
一番初めに自己紹介をしたのでこの内容は結構勇気が要りました。
「のろけ」って「場」のテンションが低いとケッて思われるでしょう?
でも次の人もご主人さんとのことだったのでちょっとほっとしました。
ケッて思った方もいたと思いますけどね。

その晩、テレビで「○○さんはしあわせのハードルが低いから…」というちょっとバカにしたような言い方を耳にしました。

しあわせのハードルが低い」のってバカにされるようなことなのかなあ。。。

私が今より「しあわせのハードル」が高かった時は、他人のことがとても羨ましくて、自分が惨めで、毎日がとってもしんどかったです。
だから「しあわせを感じる感性」を磨けば、毎日楽しいし、気持ちいいだろうなあと思ったんです。
おかげで今ではずいぶん「しあわせのハードル」は低くなって以前より毎日が楽しいです。

他の人と比べるんじゃなくて、自分にちょうどいい高さにすればいいんじゃないかしら???

みんなそれぞれ高さが違うから、前出の自己紹介での「ハッピー」もいろんな種類があって、聞いていて心がほんわかしたんでしょうね。

みんなちがって みんないい…あ、金子みすずみたいですね!
[PR]
by ki__ko | 2008-06-19 01:11 | こころ

罪悪感を乗り越えろ!

先日、子育て中のママさん向けの講座を受けに行ってきました。
託児付きで4回、なんと無料☆

第一回は座談会でした。
育児で困っていること、悩んでいることをグループを作って話すのです。
大半の人が「自分の時間が無い」でした。
小さな子供を持つママさんが多かったせいでしょうね。

育児に協力的な夫や両親に子ども達を見てもらったり、託児所へ預けたりしてどうしても用事のある時には自分の時間を作るし、普段も子ども達が昼寝をしている間や夜、寝た後に自分の時間を作るから「自分の時間が無い!」って悩んだことがありません。
恵まれた環境にいるんですね、私は。感謝です!

私が夫や両親、託児所に子供を預けることを話すと「罪悪感は無い?」と訊ねられました。正直な話、全く無いとは言えません。
やっぱり子供は母親が見てやるものではないか?とか、子供連れでも行けるのに楽してないか?なんて…そりゃ~、やっぱり思いますよ。…って答えました。

だけど預けるのです。
なぜって?
ウチのおチビちゃん1号はどちらかというと活発な方。
色んなものや色んな人に興味津々です。
だから色んなものや人に接する機会をたくさん与えてやりたいのです。
父親との時間、祖父母との時間、託児所の先生との時間、託児所で一緒に遊ぶお友達との時間…これらは母親の私とだけ過ごしていたのでは過ごせない時間ですよね。
おチビちゃん2号は5ヶ月なのですが、興味の範囲がどんどん広がっています。
だから小さいけど、ちょっとずつそんな機会も与えてやりたいのです。

そう考えると「罪悪感」を乗り越えちゃう

「預けている間は、頭の隅っこに子ども達のことは必ずあるけれどやれること、やらなきゃならないことに全力で当たる」ってこと、「感謝の気持ちを忘れない」ということは必ず守っています。

「ママがハッピーなら、子どももハッピー」っていう言葉を最近、よく耳にします。
この言葉は母親にとって「都合のよい言葉」などではなく「真実」なのではないかと思います。

「罪悪感」を感じるよりも「しあわせ」を感じて子育ていたしましょう!
しあわせを感じる感性をピカピカに磨いてね。
[PR]
by ki__ko | 2008-06-09 00:34 | 子育て