しあわせを感じる感性を一緒に磨きませんか?


by ki__ko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

育児法

先日、某新聞の投書欄で母乳育児をしているママさんの投書を読みました。

混合にはなったけど、最後まで母乳もやったのだから「育児は成功ね
と、看護婦さんに言われて嬉しかった、母親ならできるだけミルクをやらずに母乳をやるべきだって内容。

あきれるやら、腹が立つやら。。。
いろんな理由で母乳をやることができない人がいる、ってことに気づいてない。

母乳育児の良さは、わざわざ新聞に投書しなくても
産院、母親学級、育児雑誌、検診などなどいたるところで絶賛されているから
十分、分かってる!

産院では「あきらめずにやってたら、必ず出るからね」と言われ、
私なんて、一人目の時は生後3カ月まで30分おきには与えてました。
でも3か月目に出ないおっぱいを吸うのに疲れたBABYの方から
卒乳していきました。

二人目はアレルギーが発覚し、無理に母乳をやらなくてもよいとの診断により6カ月で卒乳。

そしてミルクのお世話になってるけど、風邪もほとんどひかないし、病気にもならない。
すくすくと育って笑顔があふれる毎日。

育児法で育児の「成功・失敗」なんて決められやしない。
どんな育児法でも、子どもをしっかり見つめることが大切なのではないでしょうか?

一人目の1年目くらいは、いろんな情報に右往左往いたしました。
自分がしっかりしていないと、触れる情報によってフラフラしてしまいます。

母親がフラフラすると、当然、子どももフラフラします。

一番大切なもの、「子どもの笑顔、子どもの目の輝き」を基準にしたら判断力がついたように思います。

どの育児法も、ダメ、というのではありません。
それぞれ自分たちに合った方法を選べばいいと思います。
だけどそれぞれ事情も違えば、性格も違うものです。
自分に合ったからと言って人に押し付けるのは如何なものか…

そう考えさせられた投書でした。
[PR]
by ki__ko | 2008-07-29 16:19 | 子育て

友達の結婚

ずっと「結婚したい!」と言い続けていた友達がとうとう結婚しました。

報告を受けた時には、とっても嬉しかったです。

自分が結婚する前は、友達の結婚報告に羨ましい気持がとても強かったのですが
今は、心から嬉しいし、お祝いしたくなっちゃいます。

そして大変なこともあるけれどどうか末永く幸せでいて欲しいなあって思います。
(とっても月並みですが…)

私たちが結婚するときに、ある先輩ご夫婦から
私たちのように、仲の良い、幸せな夫婦になってね
とお言葉をいただきました。

こんな風に人に言える夫婦っていいなあと思いました。
年配になったとき、若い夫婦たちに胸を張って同じような言葉をかけられるようになりたいものです。私の目標です。

友達の結婚をきっかけに、自分たちの生活も見直すことになりました。
毎日忙しさのあまり、結婚した時の新鮮な気持ちはついつい忘れがちです。
でも忘れてはいけない、「大切な気持ち」なんだと思います。

嬉しそうな友達の顔を見つつ、
しあわせの感性も磨かせていただきました
いろんな意味でありがとう。
[PR]
by ki__ko | 2008-07-17 15:13 | こころ

ミニトマト

おチビ1号のためにGW頃にプチトマトの苗を
ベランダで育て始めました。

水を与えすぎると枯れてしまうのでしおれたら水をたっぷり与えるようにし、
苗は支柱を立てないといけないほど立派に育ちました。

あまりに立派になりすぎて強風にあおられて倒れ、途中で折れることもありました。
ふと気付くと、小さな実がいくつかとたくさんの花をつけた枝を
おチビ1号が手折ってきて、ブンブン振り回していることもありました・・・

それでもトマトはどんどん花をつけ、実をつけました。

先日、ようやく2つ真っ赤に熟れたのでおチビ1号に収穫させて
夕飯のメニューに加えました。

うま~~~い!

まだ言葉の数がそんなにないおチビ1号が「うまい」を連発するほど
甘くておいしかったです。
トマトに関する話で盛り上がった夕飯でした。

その翌日。
洗濯物を干していると、スリッパで何かを踏みました。
見ると青いトマトの実が7つも転がっています。

・・・ついていたトマトの実、全部です。
おチビ1号がぜーーーんぶちぎってコロコロ転がして遊んでいました。

こらーー!
・・・と言ったところで後の祭りなのですが、怒りは収まらず。

そして今日。
たったひとつ残っていた青い実が、やはり洗濯物を干していると
コロコロと転がってきました。

もう花も咲いていません。。。

でも!たったふたつでもとっても甘くて美味しかったし、
そのふたつを収穫した時のおチビ1号の表情が生き生きしていたので
まぁ、いいっかぁ。
って思うことにしました。

ちょっとは植物を育てること、いのちをいただくことの話をすることもできたし
今は意味が分からなくてもいつか分かる日がやってくるかもしれませんしね。
[PR]
by ki__ko | 2008-07-08 23:35 | 子育て